【30】リハから来た人はブラウザの←印で戻ってください。

 ◇花媛 03/9/13<僕うどん点>  総合点 95点
高松市松並町655−4 コトデンバス鶴尾停留所下車すぐ


Sorry, your browser doesn't support Java(tm).

This site is Anfy Enhanced

◇花媛 03/9/13
 今日は、自転車=三輪車で花媛まで来てしまった。みんな自動車で来てる。いいなあ。僕もこういうときがあったんだ。実は来るのも命がけとなることは言ってなかったな。高松の歩道は、最近段差を取る工事をしてるとはいえ、旧国道とか不徹底である、かつ段差を取ってあっても二輪車用であって、三輪車用にはしてない、かつ狭い歩道と図々しくとめている歩道乗り上げ車両、狭い歩道を避けて車道を走るとひっきりなしにくる車車、、、、あんまりこういうことは書きたくないが、バリヤフリー化しているのは、市の県庁・市役所の近辺のダウンタウンだけで、、 一歩市内周辺部にでると、私のようなものは命がけである。特に二輪車と違って、三輪車は地面の傾きに弱いのだ。
花媛
@うどんの麺、 太さ(細い) 芯(腰が強い) 表面(腰が強い) 水っぽさ(水っぽい) 色(白) エッジ(立ってる)
A出汁−ざるうどんの 濃いさ(薄い) 具ので具合(よい) 混合度(よい) あっさり度(あっさり)
Bトッピング 種類(多い−特にイカ天が、、、むむむ) サイドメニュー−無し 調理具合
C値段 安さ(普通) 適合度(いない−良い方に)
D店の雰囲気 雰囲気(よい)−庶民的だぁ
E後味点 残り方(よい)  
総合点 95点
◇最近市民とリハビリについてはなすことが多い。花媛と、その夜もそうだった。
1.うどんやの花媛でどこかの高齢者と壮年者と会い、「脳血栓か出血か」、「何年かかったのか」、「気力か」、「手術はどこでやったのか」…矢つぎばやの質問である、おかえしに、HP用の写真をとってもらった。
2.夜土曜日の飲みで
竹林寺に行った。連休を利用して奈良からうどん食いに来てる夫婦ものと一緒になった。その夫婦外科医であった。私が発病時10日後お粥を出されて箸を使いぺろりと平らげたはなしをすると、びっくりして、「そんな器用なのはいない。右がだめになれば左もだめになる。すぐに代替が効くのは、10人中1人だ。」と。へ〜、6年目にして始めて勉強した。